スポンサーサイト

--------(--) Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

 

Ferisimo 500色の色えんぴつ その20

2014-05-21(Wed) Category:色えんぴつ

こんばんわ、空魚です( ´▽`)ノシ
500色の色えんぴつ、20セット目の登場です。これで再版された色えんぴつは全てとなります。Ferisimoから送られてきた期間は20ヶ月なので全て揃うまでにはかなり時間がかかりました。まとめて買ってしまいたいと思う人も多そう( ̄▽ ̄;)


500色の色えんぴつ36

20セット目は渋めな緑〜茶〜青〜紫とメタリックカラーの組み合わせ。前半のダークカラーはどれも重厚感のある色ばかりで、冬の装いを思わせる感じがします。カラーミュージアムでは既に登場していたメタリックカラーの色えんぴつは再版分では最後のセットに含まれていました。やはりこうやって並んでいるととても綺麗に感じます。


鎮守の森
瞑想の孔雀石
おとぎ話のかぼちゃの馬車
ジュラ紀のアンモナイト
茶の湯の釜
真夜中のミステリー
ピースメモリーパークの鳩
木の幹のカブトムシ
まつぼっくりのドアリース
夜露のマチュピチュ遺跡
冬のオホーツク海
長崎のビードロ
イカすみのスパゲティー
ラムレーズン
藍の絞り染め
高野山の肝だめし
夜明けを待つロンドン塔
コンロン山脈の闇のとばり
緑の黒髪
秋の夜長のホットココア
雛壇の金屏風
金閣寺
竜宮の宴
鹿鳴館の舞踏会
銀の燭台

500色の色えんぴつ37

前半のダークカラーはかなり濃く色がでます。芯が結構柔らかく、指の腹でこすると色が伸びてしまいました。ぼかしを入れるには丁度よさそうです。メタリックカラーは案の定金属っぽい色にはなりませんでしたが、カラーミュージアムの物よりは色が出ているように感じました。昔、金色の色えんぴつでどうにか金色を出したくて粉にしたりのりで溶いたりしたこともありましたが、思うような色にはなりませんでした。金色に見えるように光を描いたほうがそれらしく見えるのはちょっと残念ですが、何分綺麗なのでこれはこれでよしとします( ´▽`)


カラーミュージアムS

こちらはカラーミュージアムSセット。黄色のないパステルカラーといった感じのセットになっています。濃い色も所々ありますが、若干ぼんやりとした印象を受けます。何となく雑誌の『詩とメルヘン』のイメージだなあと思い、ふと調べてみたらなんと『詩とメルヘン』ってなくなってしまっているんですね( ̄□ ̄;)!! 代わりに『詩とファンタジー』という雑誌があるようですが、微妙に違和感を覚えてしまいました。中学頃にたまに読んでいたのでちょっと寂しくもあり、時代に合わせて変わっていくのね〜と感慨深かったりとしんみりです。

さて、これで500色の色えんぴつは全てのセットを紹介し終えたのですが、後1回、番外編を更新したいと思います。以前にもちょこっとブログに書いたことがあるのですが、カラーミュージアムには再版分では発売されなかった『25色』が存在していたのです。そのため、カラーミュージアムの残りの1セットとあわせて次回ご紹介したいと思います。

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました( ´▽`)ノシ

■ ダウンロード
カラーコレクションリフィル[500色の色えんぴつ]

■ 関連サイト
500色の色えんぴつはFerisimoのサイトから購入できます。
興味のある方はこちらもどうぞ。
フェリシモ フェリシモ 500色の色えんぴつ

関連記事

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

Trackback:0  Comment:0


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。