スポンサーサイト

--------(--) Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

 

Ferisimo 500色の色えんぴつ その11

2014-03-19(Wed) Category:色えんぴつ

こんばんわ、空魚です( ´▽`)ノシ
今日は500色の色えんぴつ、11セット目のご紹介です。


500色の色えんぴつ20

11セット目も10セット目と同様、緑の綺麗なグラデーションでした。今度のセットは青みがかった緑が中心になっています。緑というよりも翠という文字がふさわしいような色がたくさんあります。


新月の松林
苔むす石畳
シュツットガルトの森
シベリアの針葉樹林
柊のクリスマスリース
睡蓮の浮かぶ古池
プランター栽培のパセリ
恐竜のいた原生林
孔雀の羽根
クリスマスの樅の木
お正月の門松
プリンスエドワード島の夏
スコットランドの蔦の洋館
南国の楽園
春の七草粥
ペパーミントの葉
小川の藻
瀬戸内に浮かぶ小さな島
ファラオの時代のナイル河
避暑地の軽井沢
青竹の一輪差し
八十八夜の茶摘み
京菓子と抹茶
草千里
梅雨の晴れ間の青梅

500色の色えんぴつ21

名前の方も前回と同じく植物名が多い感じ。でも、前回と違うのは植物の具体的な色合いではなく、情景を思い起こさせるところでしょうか。涼やかな印象を持たせる名前は物語のワンシーンを想像させます。中でも美しいと感じたのは、『プリンスエドワード島の夏』や『ファラオの時代のナイル河』。どちらも翡翠を思わせる爽やかなグリーンで、内から輝くようです。


カラーミュージアムJ

最後にカラーミュージアムのJセット。このセットは何というか……あまりパッとしませんね( ̄▽ ̄;) 縦にすると、道路と林と青空のように見えます。自動車に乗っているとこんな背景になるなあといった感じ。ただ、カラーミュージアムの色の組み合わせは色塗りの時に使いやすい感じがします。500色の色えんぴつは1セットの色の偏りが半端ないので、見ている分には綺麗ですが、実際に使う時はどの色を使って良いのやら迷ってしまいます。昨日藍玉さんの『フリクションカラーズを買ったら、ほぼ日手帳のイラストがどんどん増えていく♪』という記事を読んで、時間がたくさんあるときは色を選ぶ楽しさを味わい、時間があまり取れない時は直感的に色を選べる便利さがあるのがいいのかも知れないと感じました。そう考えると、子供の頃に手にしていた12色の色えんぴつはとてもよく考えられた色の組み合わせだったのかもしれません。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました( ´▽`)ノシ

■ ダウンロード
カラーコレクションリフィル[500色の色えんぴつ]

■ 関連サイト
500色の色えんぴつはFerisimoのサイトから購入できます。
興味のある方はこちらもどうぞ。
フェリシモ フェリシモ 500色の色えんぴつ

関連記事

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

Trackback:0  Comment:0


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。