スポンサーサイト

--------(--) Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

 

Credo(信念表明用)リフィルを作成しました(・ω・)b

2014-01-31(Fri) Category:手帳リフィル

こんばんわ、空魚です(・ω・)ノシ
『現実と理想』シリーズにCredo(信念表明用)リフィルを追加しました。


Credo(信念表明用)リフィル

クレドとはラテン語で志や信条、約束を意味する言葉です。ご存じの方も多いと思いますが、リッツカールトンホテルの従業員の方々が常に所持している『クレドカード』には仕事の基本になる信条が書かれていることで有名です。同じようにそれを自己実現のために利用しようと考えたのが『Credoリフィル』です。

今まで『現実と理想』シリーズは現状と理想の姿の認識を行うためのリフィルが中心でした。ですが、現実を理想に近づけるためにはその架け橋となる考え方や指針が必要となります。そのため、このリフィルはまず最初に自分の持っている願望を明記し、次に自らの信念を書き込む欄を設けました。願望と信念を照らし合わせ、行動の基準となる内容を自分との約束事として取り決めることで自己実現の道しるべになるような内容となっています。

実はリフィルを作り始めたころにもクレドリフィルを作ろうとしたことがあったのですが、まとまることなく保留となっていました。色々と調べたりもしていたのですが『信念』というものの形を掴むことができなかったのです。年始めに頭を悩ませた『抱負』もそうです。

少し話は逸れますが、自分は昔から「小説家になりたい!」という夢を追いかけていました。だから友人に「夢」というものがわからない。「夢」を持てない。と言われてもよくわかりませんでした。「何かをしたい!」という強い衝動は自然と湧いてくるものだと思っていたからです。けれど、小説家という職業とはまったく違う職業に就いてからこの「小説家になりたい!」というマグマのようだった「夢」がいつの間にか鎮まってしまっていることに気がつきました。ものすごく焦りました。何しろそれは自分自身の「核」のようなものだったので。

今になって冷静に考えてみると、「小説家になりたい!」という気持ちは「認めてほしい」という気持ちの裏返しだったのだと思います。おそらく仕事に就いたことで違う方向から「認められる」ことで「小説家になりたい」という気持ちが薄れてしまったのでしょう。けれど薄れたことで見えてきたのは「自分の中にあるものを伝えたい、共感したい」というすごく単純な願望でした。

この単純な願望は「認められたい」という気持ちに隠れてすぐに気付くことはできませんでした。何しろ「認められたい」という気持ちは惨めで恥ずかしいものです。「認められていない」から「認められたい」と思うわけですから。でも「承認欲求」は結構厄介なもので、自分で等身大の自分を認めない限り満たされることはまずありません。そもそも自分が『満足のいく自分』だったら誰かに認められようが認められまいがどちらでもいいはずです。それならまず初めにすべきことは自分が満足できる自分になることなのでしょう。

何だかややこしくなってきましたが色々考えた結果、心の底からの本当の願望を知ることが自分を自分で認めるための第一歩なのかなと感じました。そして、その願望こそが『信念』や『信条』のヒントになるんじゃないか、と。そんなこんなで出来上がったのがこのたびの『Credoリフィル』です。考えすぎて作るのが大分遅れてしまいましたが、ご利用いただけると嬉しいです(;^_^A

そうそう。今月作成したリフィルやクラフトデータは明日中にサイトの方へアップ予定です。
ちょっと修正箇所が多くなったため、修正作業が遅れておりますのでご了承ください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました( ´▽`)ノシ

■ ダウンロードはこちらから
Credo(信念表明用)リフィル

関連記事

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

Trackback:0  Comment:0


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。