スポンサーサイト

--------(--) Category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

 

Macが重い! デフラグしよう。え、デフラグないの? ←今ココ

2014-01-22(Wed) Category:いろいろ

こんばんわ、空魚です(´ω`)ノシ
昨日はダンナさんのWinPCのメンテナンスを行っていました。何だかんだで再インストールすることになったのですが、そう言えば自分のMacも随分遅くなったなあ、とついでにメンテナンスをすることにしました。


カバの写真

Macを購入したきっかけは、以前仕事でWeb担をしていたため。フォトショップには随分前から触れる機会があったものの、イラストレーターも使ってみたかったのでどうせなら……とMacを使うことに決定。ところがもともとWinPCばかり使っていたこともあり、あまりMacのことをよく知らないまま使い続けていました。

で、話は冒頭に戻るのですが、色々と使い方は身についてきたものの、メンテナンスやシステム的なことに関してはからきし知識不足でした。最近やたらと処理が重く、リフィルやクラフトデータを作っていても待ち時間で他のことができるような有様。このままでは駄目だな、Windowsみたいにデフラグツールってないのかな〜と思って調べてみたところ、自分と同じことを考えている人がたくさんいました。iPodがヒットした頃からMacを使い始めた人が多いようで、同じような疑問を知恵袋などに投稿していたんです。


Macの画面1

『ディスクユーティリティ』を使ってアクセス権の修復を行えばいいんだ! とわかったものの、アプリケーションの場所に辿り着くまでにしばらくかかりました(ノД`) 普段は創作用のアプリしか立ち上げないので。


Macの画面2

『Macintosh HD』を選んで、『アクセス権の修復(上の画面では修復途中なので中断とでています)』をクリック。するとまあたくさん処理されること(;´Д`) でもこの処理のおかげで大分動きが軽くなりました。

こうなってくると気になるのが隣のボタン『ディスクの検証』。ついでに調べてみるかと軽い気持ちでクリックしたところ、『ディスクの修復が必要です』と表示されてしまいましたorz これもまるっと5年、酷使したツケですね。現在バックアップを保存中ですがついでに不要なファイルの整理もしていたら、かなり時間を取られることになってしまいました。皆様もPCのメンテナンスは計画的に(´д`)

■ 関連サイト、リンク
Macはじめました。: Macでは「デフラグ」は必要無い!?
とてもわかりやすい説明でなるほどな〜と思いました。

Mac OS X v10.5, v10.6:ファイルのバックアップと復元方法
こちらはMacのサポートサイト。忘れないように(._.)φ

関連記事

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 はてなブックマークに追加

Trackback:0  Comment:0


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。